Mode:

起動mode選択ボックス

Walk the sky

空撮Labo

Safariでの動作に付いて


Safariブラウザでの動作については、

正常に動作しない事例が確認されております。

ラジコン

身近になった空撮

かつて、空撮を行うにはヘリをチャーターするか

ガソリンエンジンを積んだ本格的な

大型ラジコンヘリが必要でした。

電動のラジコンヘリもあるにはありましたが、

蓄電容量、重さあたり発揮できるパワーに

限界があり、実用とは程遠いまさしく

「おもちゃ」でしかありませんでした。


本格的なガソリンエンジンヘリなら飛んだか?

事はそう単純でもなかったよう・・・

今のようにコンピューター技術の発達していない

時代、人間の感覚で繊細なパワー制御で飛ばす

ほとんど職人技でとんでもない難易度であった模様


高価な業務用は自動だったらしいですが、

個人用はちょっと浮かしては、落ちて

数十万円飛んでいく

そんな日常茶飯事が繰り返されていたようです

検索すると、当時の激闘記が今でも出てきます


ファントム4

そして技術革新!

時は流れ、数々の技術革新を経て遂に

「ドロ-ン」が登場します。


重量当たり増えた蓄電能力で、バッテリー軽量化

小型軽量のモーターは積載容量の改善を

生み出します。

バッテリーもパワーも余裕が出れば、複数の

プロペラを使用できる、ローターのクアッド化

(4枚羽)が実現します。

ヘリのような1枚ローターでは回転力を打ち消す

制御が必要ですが、必要なくなります。


繊細さを要する複数プロペラのバランス調整は

高度化したコンピューター制御が、風などの

要素を含めすべて計算して制御します。


斯くして、手の届く値段で個人空撮の

できる時代が、到達するに至ったのです。


SPARK

本サイトで扱う機体について

機体名:DJI製 「SPARK」

重 量:300g

寸 法:143×143×55 mm

飛行時間:16分 (20k/hの一定速度で無風時)

カメラ:1920×1080 30p(FHD)

バッテリ:1480mAh(LiPo 3S)

ジンバル:2軸メカニカル 「ピッチ、ロール」

送信機:2.4GHz、Wifiにて接続

発 売:2017年6月


DJIって?

海外のメーカーですが、この分野では最も

進んでいるメーカーの一つです。


代表機種としてphantomシリーズが有名です

テレビ等でも最も見かけることが多い機種。


日本では200gを目安にドローン規制が

実施されています。

200gまではホビー用途として、未規制。

これ以上は飛行制限等の規制があります。

この機体も300gですので、規制に従った

運用が必要です。


飛ばして良い場所、悪い場所については

後程触れることに致しましょう。


200g規制?

Amazonなどで売られている軽量ドローン

1万円くらいで買えるものは、トイドローン

と言うジャンルでだいたい200g以下。


規制外ですので、基本はどこでも飛ばせます。

しかし、やはり飛行する物体なので

人の多い場所等では自発的な「やめる勇気」が

必要です。

価格の下がるスピードが早いので、早晩子供でも

手にするでしょう。


もちろん、軽量なので性能は高くありません。

衝突した時の運動エネルギーもそれなりです。

しかし、逆を返せば低性能故に風などの条件に

左右される事も多いということです。


軽量とは言え、目にでも当たろうものなら

十分な殺傷能力を持ちます。

興味本位で衝動買いをする前に、

考えるべきところです。


ドローンとは?

最近目覚ましい発展を続ける、小型飛行機。

出身が軍事技術畑、おかげで名前が可愛くない。


「Drawn」ドローンと読む。

少し前まで米軍が偵察機として実戦配備を

していたが、今は止めている。何か問題でも

あったのだろうが、無人化は時代の流れだ。


そのうちさらに性能向上した無人偵察機が

あちこち覗いて回ることになるのだろう。


民生品に技術解放され、さまざまな新サービス、

新しい交通、輸送手段として注目される。

ご存知「Amazon」がドローンでの配達を

画策しているのも有名な話です。


つい最近ではあの「Lawson」が「カラアゲくん」

を配達するという、冗談とも本気ともつかない

実証実験をしていた。


そんなドローン、私たちの身の回りでは

今どのくらいの性能なのでしょう?


小型ドローン

寸 法:大型のものから、小型のものまで

用途によりピンキリ

大型のものとして、農薬散布に使われるものが

ある。まあだいたい10L程の農薬を積んで

散布する能力があるらしい。


小型のものは本当に小型。手のひらサイズだ。

もちろん室内用のおもちゃだが、自立制御で浮いて

いられるものなので、立派にドローンです。


飛行時間:個人用途ではだいたい15分~

小型で安いものは5分程のものも

テレビで見かけるようなものは、業務用です。

業務用とは言え、飛行時間は30分程。

そう長くはない時間だ。

ドローンは安く小型軽量で、手軽に現地から

空撮できる「隙間を埋める」機材なのでしょう。


ホビー用途の小型ドローンの低価格化は

凄い事になっています。

飛行時間は5分程だが、なにしろ1万円を切って

しまうのだから。

安く短時間でも性能は素晴らしく、自分でGPSを

使って安定飛行したりする。

既に子供でも動かせるモノになっているのだ。


カメラ:最近は4K画質

安いものでもHD画質のものも

1万ちょっとの規制内トイドローンは

フルHDまで届かないものが多い。

しかし低価格化は待ったなしだ。

そろそろ低価格ホビーにもHD画質の波が

押し寄せてくる時代になってきた。


フルHDまで行くと、1万円のおもちゃで十分?

意外と綺麗に撮れて、バカにできないものがある。


とは言え、まだまだ激安機には昔のスマホレベル。

実用に程遠いのもまた事実だ。

それ以上の個人ユースでは4K画質が増えている。


4K画質なんか要るか?と思わないでもないが、

素材の画質は良いに越したこともないのも事実。

手軽な値段で4Kなんてのも、近いのだろう。


ジンバル:搭載機が増えつつある

これが「ある」と「無い」とでは大違い

そもそもジンバルって何?って話だろう。

ジンバルとは、1つの軸を中心として物体を

回転させる回転台の一種とWikiにある。


ドローンの場合カメラの主軸に取り付けてあり、

揺れに対して逆のカメラ操作を行い自動的に

画像を安定させる機能だ。

デジカメの手ブレ補正を機械的に実行するものと

イメージするとわかりやすいだろうか?

空を飛ぶドローンは安定性に欠けるため、

必須の機能となる。


2軸制御できれば自由度2ジャイロと言い、

縦横のブレに強くなる。

3軸制御できれば自由度3のジャイロと言い、

制御内でのあらゆる角度の揺れをカバーできる。


さすがにある程度価格の高いもの、または

大型の機体しか付いていない装備。

だが、性能向上により小型の機体にも

内蔵されるケースが増えてきた。


将来的にジンバルの小型化と低価格化が進めば

1万円のホビードローンにも搭載される時代が

来るのではないだろうか?。


新ジャンル:自撮り

インスタ映えという概念

最近、何でも「インスタ映え」ですよね。

ドローンの世界にも押し寄せてきています。


自撮り棒の不格好さから、解放されたい!

そういうワガママ、やっぱりあるんですよね。


じゃあ、「ドローンで撮ってしまえ」という

新ジャンルで誕生したのが「セルフィドローン」

直訳しちゃうと「自撮りドローン」ですね。


自撮り棒の代わりなのですから、やはり操作は

スマートでないといけない、そんな概念から

操作系はできるだけ簡単に、手軽にスマホで。

できるものならスマホも省略しちゃう勢いです。

(モーションコントロールなど)


ワガママインスタ女子に満足されるレベルには

飛行時間などの点から追いついていませんが、

そのうちあちこちの観光地でぶつけられる

見ることになるのかも知れません。


まあこれも一種の出会いか?


価 格:まさに戦国乱世

安いのに高機能

最近、10万程のある程度低価格で、

本格的な空撮ができるものが増えてきた。

業務機ビックリの高性能で、うまく使えば

業務にも使えてしまいそうな勢いだ。


高機能化は1万円の激安ドローンにも押し寄せ

今では自分で自分の場所を把握して、安定的な

ホバリングをこなし、障害物もある程度避ける。


安くなるのは良い事だが、社会にとっては

あまり良くない。

1年もしないうちに、夕方のニュースが

野良ドローンで埋め尽くされる日も来るか?

つい先日も伊丹空港でドロ-ン騒ぎがあり

JAL機が着陸をやりなおしている。


こんな事が続けば、せっかく安くなっても

規制でがんじがらめ、どこも飛ばせないという

未来が見えてくる。

価格破壊の敵は大きなお子様。

さらに小型高性能な機体が安くなるのは

待ったなしだが、手放しでは喜べないのだ。


安くなったが、やはり便利に使いたい、

性能を追及するとそこそこな出費が必要だ。


「大きなお子様が問題を起こすには十分な性能」

「しかしちゃんと実用で使うにはまだ高価」

そんな所ではないだろうか?

まだまだ過渡期という事だろう。


SPARK デジカメ 通信